よくあるご質問

一般的な歯科治療について、あるいは歯周病治療やインプラントの治療について、さまざまなご質問をいただきます。私見ではありますが、回答をお示しします。

一般的な事柄について

「親知らずは抜かないといけないのですか?」

ケースバイケースです。まっすぐ生えていて上下の親知らずが噛み合っているときは、よほどむし歯がひどいとか歯周病がひどいといった場合を除いてそのまま使っていただくことが多いです。
ただし、多くの場合はそうでなく、斜めに生えて前の歯にぶつかりそれ以上生えてこないような状態の場合は抜歯することをお勧めいたします。(矯正によって真っ直ぐに生えるようにすることも場合によっては可能です)
特に、親知らずの部分が何度も腫れたり、違和感を生じたりを繰り返した経験のある患者様には早めに受診されることをお勧めいたします。

「歯磨きは1日に3回しないといけないのですか?」

決して回数が全てではありません。大事なことは、掃除しないといけないところに歯ブラシがきちんと当たっているか、ということだと思います。鏡を見ながら歯ブラシの先がどこに当たっているかチェックしながら歯磨きをしていますか?
鏡を見ないで歯を磨くことは、真っ暗の部屋で掃除機をかけていることと同じです。掃除はしているのにどこをきれいにしているのかわからない状態なのです。むしろ鏡を見ながらきちんと歯ブラシができ、その上フロスと歯間ブラシを適切に使っていただければ1日1-2回でも大丈夫だと思います。

「歯磨き粉(ねり歯磨き剤)は使わないといけないのですか?」

歯磨き粉はあくまで補助的なものだとお考えください。歯磨き粉を使わなくても歯ブラシ・フロス・歯間ブラシがきちんと使えるのであれば口の中の汚れを取り除くことできます。歯磨き粉がないと磨いた気がしない、という方も多いです(私もそうです)が、あまり心配はいりません。

「うがい薬を使った方がいいですか?」

うがい薬もあくまで補助的なものです。ただ、手が不自由になったりして歯ブラシがうまく使えなくなった方、歯科矯正の治療中で装置が口の中にある方、といった通常の歯磨きに支障が出ている方には強くお勧めしています。市販品で私がお勧めするのは「リステリン®️」です。昔から使われているうがい薬でやや刺激は強いですが、正しく使うことで歯肉炎を抑えることが立証されています。

「歯がたまにしみるのですが、これはむし歯なのでしょうか?」

必ずしも 歯がしみる=むし歯 というわけではありません。むし歯以外で多いのは知覚過敏症です。
知覚過敏症はむし歯ではありません。原因として最も多いのは歯磨きの力が強すぎるために、歯ぐきが痩せてしまい(力負けしてしまい)、本来歯ぐきの下に隠れているはずの歯の根っこが表面に出てきてしまうために起こります。歯の根っこは歯の痛みを伝える神経が入っているところですから、根っこが表に出てきてしまうと知覚過敏を生じやすくなります。
知覚過敏の症状はとても不快ですが、一番よくないのは、患者様が歯がしみるという理由でその部分の歯磨きがおろそかになり、結果としてむし歯や歯周病になってしまうということです。むし歯になれば痛みは増えますし、歯周病になれば治療はさらに複雑になります。
”歯がしみるけど、知覚過敏かな?むし歯かな?”と感じたら早めに歯科医院を受診されることをお勧めします。いきなり詰め物をするとか歯の神経をとるといった治療ではなく、なぜ知覚過敏になっているのか、本当に知覚過敏なのか、という原因究明や診断を行ってから、それに応じた治療を早めにしておくのが最善の対処法ですし、結果的に最も簡単な治療で済むと言えます。

歯周病の治療について

「歯周病は歳のせいですか?」

歯周病は”老化”ではありません。歳をとったから、シワが増え、白髪が増えるという加齢現象とは全く別のものです。歯周病は細菌の感染症です。ただ風邪などのように体の外からやってきたものによる感染症ではなく、人間がみんな口の中にもっている細菌による感染症です。
そのためいつも口の中で人体を攻撃しており、それに対して人体も常に戦っています。 そのヒトの歯周病原因菌に対して戦う力が弱くなったり、逆に歯周病菌の力が強くなったりする(歯磨きがよくないためにヨゴレが増え、細菌が増えている状態がまさにこれです)ために、人間の方が力負けしている状態が歯周病です。ですから、ご高齢でも歯周病がほとんどない方もいれば、若いのに歯周病で総入れ歯になりかけている、という方もいます。
歳を重ねるにつれて歯周病になる、という傾向は、むしろ加齢に伴い手が不自由になったりして歯磨き自体が難しくなるから(その結果ヨゴレが溜まる)、といった要因がより大きいと思います。

「歯周病は薬を飲んだら治るものではないのですか?」

お気持ちはお察しします。歯周病は細菌によって引き起こされる病気ではありますが、その細菌は結核菌やo157のように外からやってきた菌ではなく、もともと患者様の口の中にいる細菌によって引き起こされたものです。ですから飲み薬(いわゆる抗生物質の内服)によって退治することはできないのです(仮に薬で大部分を退治してしまうと、菌交代現象と言って、いなくなった細菌の代わりに別の細菌が口の中に増えるという厄介な状況が起こります)。ですから、歯周病の治療とは、歯周病原因菌と共存することが前提であり、歯周病菌が人間に対して攻撃できないような環境を作ること・攻撃を受けても耐えられる環境を作ること、が目標となります。現時点において、それはあくまで患者さん自身による歯みがき、歯科医師・歯科衛生士による専門的な口腔衛生管理といった物理的な方法でしか達成できません。もちろん歯ぐきが腫れたりした患者様には抗生剤を処方することはありますし、それによって”一時的に“歯周病原因菌をやっつけることはできますが、抗生剤の効果が無くなるとすぐに元の細菌の活動性が復活するばかりか、ヘタをすれば抗生剤に対する耐性を持ってしまい、今後抗生剤が効かなくなってしまう可能性すらあります。抗生剤による治療はあくまで一時的なものに過ぎず、根本的な治療(細菌による攻撃を減らす環境をつくる、ということ)ではありません。
現在もさまざまな薬物療法が研究されていますが、残念ながら薬を飲むだけで治る、という段階には達していないのです。なかなか細菌とは厄介なものです。

「歯周病は再発するのですか?」

一度治療して治ったとしても、定期的なメンテナンスを行わないと、高い確率で再発することが分かっています。一度歯周病にかかった患者様はやはり“歯周病になりやすい”と考えるべきであり、治療によって治った後も定期的にメンテナンスをすることによって、細菌が攻撃できないように口の中の汚れを除去していくことが標準治療として推奨されています。

インプラントについて

「私はインプラントができますか?」

一番多く訊かれる質問の一つです。基本的に、インプラントは”通常の日常生活が送れる方”ならば誰でも可能です。ご高齢であっても問題はありません(80歳後半になってインプラント治療を受けられる方もいらっしゃいます)。これは患者様といろんなお話をさせていただいた上で、総合的に判断するしかない問題です。
逆に次のような患者様にはインプラント治療を控えさせていただく場合があります。

  • 未成年の患者様(顎の成長が終わっていない可能性があり、インプラント治療には慎重であるべきです。)
  • 頭頸部にガンの治療の一環として放射線治療を受けたことがある患者様(顎の骨の状態がインプラントに向かない可能性が高いです。)
  • 重度の”糖尿病を抱えている患者様(軽度ならばあまり問題はないのですが、内科あるいは糖尿病専門医での検診をお願いすることがあります。)


  • 「骨粗鬆症と診断されました。インプラントはできないのですか?」

    これもよく尋ねられる質問の一つです。様々な研究を見てみますと、骨粗鬆症の患者様であってもインプラントは問題なく長持ちする、という意見と、そうでないとする意見の両方が見受けられます。
    ただし、骨粗鬆症がインプラントに悪影響を及ぼしかねないとする研究をみても、その影響度合いは極めて小さく、治療自体を差し控えるほどのものではないというのが一般的な見解だと思われます。
    私もこれまで多くのインプラント治療をしてまいりましたが、骨粗鬆症のせいでインプラント治療ができなかった、という患者様はいらっしゃいません。もしご心配の患者様がおられたらご相談ください。

    「インプラントとブリッジとどちらがいいのですか?」

    最近の研究ではインプラントでもブリッジでも”しっかりメンテナンスをすれば”どちらも長持ちすることがわかっています。むしろ大事なことは治療をする前にどちらの治療を選んだ方がメリットが大きいかを慎重に見極めることです。
    ブリッジは歯がなくなった部分を補うために、歯を抜いた部分のすぐ隣の歯を削って、失った歯の分も含めて、削った歯に負担を求めるというやり方です。そのため、噛む力に対する設計を誤ると長持ちはしないですし、何よりも削った歯自体(ブリッジを被せた歯)がダメになってしまえばブリッジもダメになってしまいます。もちろん、きちんとメンテナンスをしていけば長持ちすることは先に述べたとおりです。
    逆にインプラントは歯を抜いた部分にのみ人工の根っこを埋め込むという方法のため、原則的に他の歯を削ったりすることはありません。その結果、抜歯をした部分の周囲の歯の寿命が延びることになります。またインプラント自体は人工物のため、虫歯になることはないという大きなメリットがあります。ただインプラントは外科治療であるため、手術が必要ですし、一般にブリッジよりも治療期間も長めで、費用も高価となってきます。メンテナンスを怠ればインプラント周囲炎というインプラント版の歯周病によってインプラントが抜けることもありえます。
    従いまして、患者さんの残っている歯の状態、噛み合っている歯の状態、歯磨きの状態、全身の状態、などを総合的に判断して、どちらが患者さんに適しているかを決める以外に最善の方法はなく、患者さん一人一人の状況によって、インプラントが最善と思われる場合もあれば、ブリッジがベストの方法だと考えられる場合もあります。

    「インプラントは一生持つのですか?』

    残念ながら、一生持つと保証できるものではありません。それは医学である以上、また道具である以上、致し方のないことです。
    考えてみてください。口の中は常に多湿(ほぼ100%)で、熱いコーヒーを口に含むこともあれば、その直後に冷たいアイスクリームを食することもあるという具合に、温度変化ひとつ取っても極めて過酷な環境です(←同じことをガラスコップでやればコップは割れてしまいます)。
    そして、会話や食事によって常に上下の歯が強い力で噛み合っています。それも1日に何万回もです。このような環境の中で歯はもちろん、人工物であるインプラントが全く劣化しないということは考えられないことです。やはり人工物ですから、徐々に何らかのダメージは受けています(自動車のタイヤやネジと同じです)。
    そうは言っても、現在主流となっているタイプのインプラントが応用され出して40年以上が経過し、“適切な治療とその後の適切なメンテナンス”を行えば、20年以上持つことも分かっています。当院では、インプラントの被せ物をしてから10年間は追加費用不要での保守を行なっています(治療前にご説明し、保守契約にご同意いただいた患者様に対して)。