歯周病で歯を失わないために

科学的根拠(エビデンス)にもとづいて治療を行うことで、歯周病を治すことができます。治療に踏み出す不安と勇気が、患者様の安心と利益につながるようにお手伝いをさせていただきます。

米国歯周病専門医による歯周病治療

米国歯周病・インプラント外科専門医である院長がしっかり治療を行います。院長は専門医として常に学会等に参加し知識をアップデートするとともに、国内外での講演活動を通じて歯周病治療の啓発に力を注いでいます。

1. まず歯周病の検査を行います

歯周病かどうか、あるいはどの程度の歯周病なのかを診断するためには、歯周検査が欠かせません。これによって、どの程度歯周ポケットがあるのか、といった現状を把握することができます。

2. レントゲン写真による検査を行います

レントゲン写真を撮ることによって、歯を支えるべき顎の骨の状態や被せ物のおおよその状態が分かるようになります。どのくらい骨がなくなってしまっているのか、歯周病以外の病気はないか、といった口の中を眼で見るだけではわからない様々な情報が得られます。

3. 検査結果をもとに歯周病の治療計画をたてます。

集めた検査結果を細かく調べ、患者様のご要望と照らし合わせながら、今後の治療の計画を立案します。できる限り治療期間が短くなるように、患者様の負担が少なくなるように、そして噛める状態が長く維持できることを最大の目標としてカウンセリングをいたします。

4. 歯周病の治療を始めます。

歯周病の原因は、口の中にいる細菌です。ですから、この細菌が活動しにくくなるような環境を整えることが、治療の目的となります。まずは口の中のお掃除を徹底すること、また同じように歯ブラシや歯間ブラシを使ってもよりお掃除の効率が上がるような環境づくり、こうした努力が必ず良い結果に結びついていきます。

5. あらためて歯周検査を行います

再度検査をして、それまでの治療の結果を評価します。この結果をもとに歯周病が治癒したかどうか、あるいはもう少し治療が必要かどうか、といったことを検討していきます。